カードローン申込時の必要書類はなにが必要なの?

カードローンの申込には、必ず必要書類が伴います。
必要書類を速やかに、確実に準備することが、審査のスピードにも影響を与えます。
急いでおられる方ほど、事前準備はきちんと行わなくてはいけません。

まず、どのカードローン会社でも、絶対に提出が必要な書類が「本人確認書類」です。
なにもカードローンに限ったことではありませんが、何かの契約を行う場合には、必ず身分を証明する書類で本人であることの確認が行われます。

「本人確認書類」は、通常は「運転免許書」があればOKとさえています。
もし「運転免許書」をお持ちでない方は、「健康保険証書」もしくは「パスポート」を準備するようにしましょう。
外国籍の方は、必要に応じて「在留カード」「永住許可書」「外国人登録証明書」を準備します。

「本人確認書類」で注意しなくてはいけない点が、記載されている住所です。
急な引越しなどで、証明書と現住所が異なる場合には、現住所が確認できる書類を別途準備しなくてはいけません。
「公共料金の領収書」「住民票の写し」「印鑑証明書」などが必要になりますので確認しておきましょう。

申込時にもう一つ必要となる書類が「収入証明書類」です。
カードローンの審査においても重要視される申込者の収入を確認する書類のことです。
会社員の方は「源泉徴収票」や「給与明細書」、自営業者の方は「確定申告書」などを準備しましょう。
役所で請求できる「住民税決定通知書」「所得証明書」なども活用できます。
これらの書類のうち最新のものが要求されますので、確実に準備しておきましょう。

関連記事